選択された部分を音声で聴くにはJavaScript が必要です

コーポレート・ガバナンス

ページを音声で読み上げる

ミツウロコグループは、経営理念に掲げるとおり「豊かなくらしのにないてとして、常に正道に立ち」、株主、顧客、従業員、地域社会など全てのステークホルダーの利益にかなう経営を実現したいと考えています。

基本的な考え方

ミツウロコグループでは、持続的な成長と全てのステークホルダーにとっての企業価値向上を目指し、最適な経営体制の構築と適正な企業運営を行うことをコーポレート・ガバナンスの基本的な考え方としています。迅速な意思決定や経営の監督機能の強化、企業行動の透明性確保に向け、今後もコーポレート・ガバナンス手法の改革を常に推進し、経営機構の改革や内部統制システムの充実に取組んでいきます。

監査等委員会設置会社へ移行

当社は、8名の取締役(うち社外取締役1名)と4名の監査役により構成される「監査役設置会社」でありましたが、2015年6月より、改正会社法により新たに創設された「監査等委員会設置会社」を選択し、「監査等委員会」を設置してコーポレート・ガバナンスの強化を図ることとしました。監査役を監査等委員取締役として取締役会における議決権を付与し、取締役会の監査・監督機能を強化するとともに、取締役会における社外役員の比率を高めることで透明性・客観性の向上や、株主の視点を踏まえた議論を活発化させることが目的です。

コーポレート・ガバナンス体制

2015年6月以降、ミツウロコグループは監査等委員3名を含む取締役12名で経営のかじ取りを行っています。社外取締役は4名、うち2名が監査等委員です。なお、社外取締役のうち2名については、東京証券取引所が定める社外取締役と社外監査役の独立性に関する判断基準を参考に、現職および過去の経歴において一般株主との利益相反が生じるおそれがなく、独立性が保たれていると判断し、独立役員として指定しています。

社外取締役の増員

ミツウロコは取締役会の透明性・客観性の確保を目指して2008年から社外取締役を選任しています。より一層の透明性の向上や株主視点からの議論の活発化を目指し、2015年6月より、社外取締役を従来の1名から4名へ増員し、社外取締役の比率を高めています(うち2名は従来の社外監査役)。そのうち1名はミツウロコグループにとって初の女性取締役となる松井香氏です。

氏名 選任理由
柳澤 勝久
2014年就任
サンリン株式会社代表取締役会長。高い倫理観を有し、経営者としての豊富な経験と幅広い見識を有していることから、人格・識見のうえで社外取締役として選任しています。
松井 香
2015年就任(独立役員)
JAPAN革新継承株式会社代表取締役。経営者としての豊富な経験と幅広い見識を有していることから、人格・識見のうえで社外取締役として選任しています。
山田 勝重
2015年就任(監査等委員)
山田法律特許事務所パートナー弁護士。弁護士として培った経験・識見から、法律、コンプライアンスに関する豊かな経験と独立且つ中立な立場から客観的に監査意見を表明することを期待して、社外取締役として選任しています。
菅原 英雄
2015年就任(監査等委員/独立役員)
税理士としての豊富な経験と専門知識、また法令遵守の精神を有していることから、人格・識見のうえで社外取締役として選任しています。

取締役の報酬

取締役の基本報酬については、会社の業績および職責・成果を反映させ、妥当な水準となるように決定しております。
取締役の報酬額は右のように定めています。

コーポレート・ガバナンスの状況

ミツウロコのコーポレート・ガバナンスの状況についてPDF形式でご覧いただけます。

コーポレートガバナンスの状況 (PDF:214KB)新しいウィンドウで開きます