選択された部分を音声で聴くにはJavaScript が必要です

環境への取り組み

ページを音声で読み上げる

採水地周辺の自然保護活動

ミツウロコグループでは、「富士の宝物バナジウム63天然水」の採水地である山梨県鳴沢村周辺の森林を活力ある状態に維持することを目的にグループ社員とその家族、関係者による森林整備のボランティア活動を実施しております。

植林地である「ミツウロコの森 なるさわ」では毎年多数のボランティアが参加しております。ミツウロコグループでは今後も自然保護活動を重要な経営テーマとして捉え、様々な活動を継続的に展開してまいります。

森林保護育成活動の展開

ミツウロコグループホールディングスは山梨県が提唱する荒廃の進む国内森林の保護・育成活動に賛同し、鳴沢村第一区と協力し鳴沢村第一区有林整備のための森林ボランティア活動に参加する契約を結びました。

「ミツウロコの森 なるさわ」

  • 所在地:山梨県南都留郡鳴沢村字屋坪
  • 面積:約6ヘクタール
  • 活動内容:森林の保護・育成のための活動、下草刈り、清掃活動