従業員の健康増進への取り組み

ミツウロコグループの健康づくり活動方針

「豊かなくらしのにないて」として広く社会に貢献し、永続的にお客様から選ばれる企業であり続けるために、グループ従業員が健康に働き能力を最大限に発揮できるよう、健康の維持・増進に取り組み、経営品質の向上につなげます。

代表取締役社長 グループCEO 田島 晃平

ミツウロコグループヘルスケア宣言

「わたしたちミツウロコグループは、心身ともに健康で明るい生活をおくるため、従業員一人ひとりが健康づくりに取り組み、元気ではつらつと働くことができる職場の実現をめざします」

目標

企業の成長力の源泉である従業員の健康増進に対する施策を支援し、従業員一人ひとりの健康意識を醸成します。推進にあたっては、以下の目標を定め実現を目指します。

  • (1)
    健康診断の100%受診と、有所見者に対するフォローにより、生活習慣病などの重症化予防と健康増進をサポートします。
  • (2)
    良質なコミュニケーションの推進により、チームの中で互いに協力し高め合う活気ある職場づくりに取り組みます。
  • (3)
    メンタルヘルスに対する意識・知識を高め理解を進めることにより、心の健康づくりにおけるそれぞれの役割を果たせるようにします。
  • (4)
    事業者と従業員が互いに知恵を持ち寄って有給休暇取得率の向上をはかり『ワーク・ライフ・バランス』の調和したより良い職場環境を整備します。